ブログ

私立高校受験について@BES塾 下妻 八千代 研究学園 筑西明野校

11月の上旬に中学3年生は学力診断テストを控えています。

学力診断テストの結果は高校受験の志望校選びで最も重要な指標と言えます。

当然BES塾でもその結果をはじめ、過去の結果を基に受験について面談を行いますが、

その時たまに、私立高校は受けずに県立一本で受けるという生徒もいます。

 

その生徒に理由を聞くと、私立には行く気が無いから、県立高校に進むようにと保護者様から言われているから、といったものがよく話に出てきます。

確かに、ご家庭の事情や、本人の意思が固い場合はBES塾としてもその気持ちを尊重致します。

ただ、私立高校の行く気が無い場合でも、私立受験は最低1校は受けることを勧めています。

恐らく中学校の先生からもよく話に出ると思いますが、万が一のための保険として受けておくべきという意見が多いでしょう。

しかし、それ以外でも私立を受験するメリットは他にもあります。

 

1つは、『本番の試験という緊張感に慣れる』ということです。

生徒さんからしても、運動会や何かのコンテスト、部活での大会の試合など、日常より大きなプレッシャーがかかる場面というのは経験しているはずです。

そのプレッシャー、もし取り除けるなら取り除きたいと感じた人はきっと多くいるでしょう。

私立受験を受けることで、県立入試と同等の真剣な雰囲気の中でテストを行うという経験ができます。

これは自宅で過去問を解くといったことよりも格段に緊張し、同時に良い経験になります。

特に「自分は他の人より緊張しやすい、プレッシャーに弱い」と感じている方は、本命の県立入試の前に私立入試で慣れておくことは効果的でしょう。

 

2つ目は、『予期せぬハプニングの怖さとそれに対する準備』が学べます。

ハプニングは起きないに越したことは無いですが、それでも本番は何が起こるかわかりません。

試験中にペンや消しゴムを落としてしまった、急に腹痛が起きてきてしまった、そういった時には中々冷静になれません。

本番前にそういった失敗のような経験があれば、本番の時には気を付けようと身をもって知ることができます。

実際、過去のBES塾生のなかではこのようなことがありました。

その生徒は真面目な生徒で、試験会場までの移動の際にも問題集を見ていたそうなのですが、そのせいで車酔いをしてしまい、体調がかなり悪い状況で試験に臨むことになったのです。

その試験の点数は普段の実力テストよりも100点近く下がっており、余裕のある私立だったのでギリギリ受かったものの、これが県立高校で同じことをしていたらきっと不合格になっていたでしょう。

そのBES塾生も、試験ギリギリで勉強しようとするのは逆に危険だということを感じたようでした。

 

そして当然ですが、私立に合格済みとそうでない生徒では、県立入試受験の精神的余裕は大きな差があります。

志望校の県立高校が余裕だからと思っていたところ、倍率が思っていたより高くて急に不安になり、結果志望校のランクを下げてしまうということにもなりかねません。

県立入試は学校内のテストと異なり、自分と同じ実力の生徒が多数集まっての受験になります。

そうなると、1点や1ミスの差というのが想像以上に大きく、誇張抜きで合否の命運を分けてもおかしくありません。

そんな環境で行われるのが高校入試なのですから、私立受験の経験の差は予想よりもずっと大きいものになります。

もし、私立を受けるつもりは無かったけれど、今回の話を見て気が変わったという方がおられましたら、是非BES塾にご相談下さい。

生徒さんに合わせたアドバイスをさせて頂きます。

入試の不安は少しでも取り除けるように、BES塾は1つでも多くサポートしていきます。

ブログバックナンバー
↓こんな記事も読まれてます。↓
BES塾 研究学園校  茨城県つくば市研究学園5 サーパスつくば研究学園105 tel.029-845-3887
BES塾 下妻校    茨城県下妻市加養53-3 tel.0296-43-7871
BES塾 八千代校   茨城県結城郡八千代町菅谷518-4 tel.0296-48-0858
BES塾 筑西明野校  茨城県筑西市海老ケ島726-1 tel.0296-48-8505



Copyright (C) Bes School. All Rights Reserved.
↑Top↑